Home HESO_NO_O_02
EIJIARTWORKS へその緒エンジェル

へその緒エンジェルの始まり

へその緒エンジェルは2007年頃 桃雀の永井直美さん の「栄司さん、エンジェル描いて〜!」の一言で始まり ました。当初は レストランで言いながら描いていたのでラフに仕上げていました。段々と広まっていき 某有名人のブログで紹介されたりして数も増えてきました。これは気合い入れないと後生に恥をさらすことになると思い 深夜 ひとり部屋にこもり精神統一 水ごりして集中して描くようになったのです。(水ごりはウソ)。

木の板に描く という難しさや筆の使いや墨汁の選択やデザインそのものも 手探りでした。数をこなすうちに 描き方も安定し 少しはエンジェルとお話しながら描けるようになってきたでしょうか、はは。 ひとつひとつ思いをめぐらしながら描いています。 このエンジェルはどんな子だろう?どういう名前なんだろう? 筆描きであること 対象が小さいこと 素材が板であること  などからひとつして同じ顔には描けません。 それぞれに個性があります。わずかながらも「産み出す」ことの 責任を感じながら  エンジェル達が子供達の将来の 守り神となりますよう 願いを込めながら、描いていきたいと思います。

戻る

What is “Heso-no-O”?

“Heso-no-O” means umbilical cord in English. There is an old Japanese custom for preserving a baby’s dried umbilical cord. The box for preserving the umbilical cord is often made out of Paulownia because it is a sacred wood that has high antibacterial qualities. “Heso-no-O” boxes carry a very special meaning for mothers and are handed down to their children when they grow up or get married. The origin of the custom of keeping one`s baby`s “Heso-no-O” is unclear but it used to be seen throughout East Asia.  It is said that "Heso-no-O" is the medicine of last result for the baby who got a fetal disease.


How to preserve your baby’s “Heso-no-O”.

When a baby is born and the umbilical cord is cut off by the doctor, a part of the cord remains on the baby’s navel for two to three weeks before naturally falling off. One may also ask the hospital to cut the cord in a section of 4~6 cm.


How to dry the “Heso-no-O”.

If you get the cord from the doctor, keep it in an airy place. It takes 1~2 weeks to fully dry.


BACK